妊娠中に歯のホワイトニング、歯磨きのやりすぎは良くない?

妊娠中、妊婦さんの歯のホワイトニングはどう?

妊娠中の歯、ホワイトニング

妊娠中に、妊婦さんが歯のホワイトニングを行うことは良いことなのでしょうか?悪いことなのでしょうか?

歯科医の先生のお話では、妊娠中にホワイトニングを行うことでの影響というのは厳密にはわかっていないそうです。いいとも悪いとも言えないのですが、妊娠中に薬剤を利用することはあまり好ましくないので、できれば止めておいた方がいい!というのが正直な回答となるようなんです。
例えば妊娠がわかる前に、ホワイトニングの治療を歯医者さんなどで行っていた場合などは、妊娠がわかった時点で治療はいったん中止する方がいいようですね。
参照元⇒ 歯医者が書いたデンタルブログ

妊娠中でも歯のホワイトニング用歯磨きなら大丈夫?

妊娠中や授乳中の歯のホワイトニングは、歯医者さんもおっしゃっているように、治療としてのホワイトニングというのは、止めた方がよさそうなのですが、とはいっても歯の黄ばみとか気になる、特にマタニティウェディングを行うなどの場合は、なんとか歯を白くしたいですよね。

マタニティーウェディングまでになんとかってことであれば、歯のマニュキュアを使うという方法もありますが、やはりちょっと怖いというのがあります。
画像を見ましたが、かなりキレイに見えるというのはあるのですが、はやり妊娠中のお腹の中の赤ちゃんやママの体のことをかんがえるとちょっとどうかな?という感じですね。

では、最近人気のちゅらトゥースホワイトニングなどホワイトニングケアの歯磨きはどうでしょう?
ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省が認証した医薬部外品ですし、研磨剤も不使用なので、妊娠中の歯が欠けやすい妊婦さんにとってはうれしいですね。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの悪評は本当?ホワイトニングを自宅で出来るか検証!
歯を白くする効果は?薬用ちゅらトゥースホワイトニングってどう? 薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、“ヤニ”や“コーヒー・紅茶”な...

妊娠すると歯は悪くなる?

妊娠すると。お母さんの体のカルシウムがお腹の中の赤ちゃんに取られるから歯が悪くなる!なんて話を聞きますが、本当なのでしょうか?

実際には、そういうことはないみたいなのですが、妊娠中というのは歯が悪くなる要因が多くあるようで、例えば、つわりがひどい時期というのは、歯磨きをするのも吐き気がしてしまって、満足に磨くことができないので、虫歯ができやすい口腔環境になってしまうそうです。

しかも、妊娠中というのはホルモンバランスの影響などで歯肉炎などが発生しやすい状態で、歯茎が腫れたり、出血したりしやすくなるそうです。

妊娠中の歯の治療はできる?

もちろん、妊娠中に虫歯になったり歯の状態がわるくなっても、妊娠4か月から7か月くらいの間であれば、いわゆる一般的な歯の治療は受けられるみたいですね。

出産時は、歯を食いしばったり、歯をかなり酷使する感じになるので、できれば健康な歯の状態で出産を迎えるように準備をしておきたいところです。

また、産後の授乳中も、赤ちゃんの育児が中心になって、歯磨きも満足にできないなど時間が足りない状態になりやすいので、早め早めの対応をしていく方がいいようですね。

上で紹介したちゅらトゥースホワイトニングは、ホワイトニングはもちろん、虫歯予防にもいいので、おすすめですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする